注文住宅は土地の価格も把握しよう|メゾン計画Start

土地購入をするときは

これだけは注意したい土地購入

住宅を建設する場合は、建設に先立って土地を確保しておく必要があります。土地を相続した場合などは別にすれば、土地を別途購入する必要がありますが、土地は1000万円や2000万円はするものですので、決して安い買い物ではありません。安易に購入を決めるのはとても危険です。そこで、土地を購入する前に知っておきたいことは何でしょうか。まず、その土地の価格です。予算4000万円の注文住宅を建築する予定の場合、土地の価格は1000万円から2500万円ぐらいが相場になります。それ以外のお金は上物を建てる場合と諸経費と考えます。土地の価格に開きがあるのは、住宅の建築をハウスメーカーに依頼した場合と、工務店に依頼した場合で違いが出るからです。

ハウスメーカーがいいか工務店がいいか

ハウスメーカーで住宅を建築する場合、建物にお金がかかってしまいます。普通、ハウスメーカーは定期的に広告を出し、テレビCMもしていることが多いのです。それによって宣伝費で数十億円から数百億円使っていることも珍しくありません。また、ハウスメーカーはモデルルームを建築していることが多いため、その建築費や管理費もかかります。それらの負担は、住宅の建築を依頼した人にのしかかります。ただ、ハウスメーカーは住宅の建設に関してはかなりの経験がありますので、工務店に比べると幅広い建築が可能です。これに対して工務店は幅広い建築をすることが難しいのです。建設規模的には断然ハウスメーカーのほうが大きいからです。ただ、住宅建設の価格が安い点が魅力と言えます。